"車いす(Wheelchair)ででかけるよ(Will Go)"のウィルゴです!
お知らせ
News

東京国際フォーラム

旧東京都庁跡地を再開発し、1997年にオープンした東京国際フォーラム。約5,000席のキャパシティーを持つホールAでは、数多くのコンサートが年間を通して開催されていますし、中小サイズのホールB〜Eやイベントスペースでも、多様な催し物が行われています。有楽町駅・東京駅からも近いこともあり、この施設を利用されたことのある方も多いことでしょう。

1980年代後半に実施された設計コンペで採用されたプランは、当時、そして将来に向けての数々のコンセプト・機能が盛り込まれていました。バリアフリーについても、設計時点で数多くの配慮があったということで、各施設ごとに車いす等でのアクセスについて、詳しく紹介されています。

ウィルゴは、これまでに多くの車いすご利用のお客様をホールAにお連れしていますので、車輌で東京国際フォーラムに到着した後、ホールAまでの経路について、いくつかの選択肢をご紹介します。

【東京駅側車寄せ】

馬場先通り西行きに面して、車寄せが設置されています。一見、歩道のように見えますが、東京国際フォーラム敷地内に停車し、乗降することができます。こちらから、ホールA入口までは約30m程度です。ただ、車寄せには屋根が無いので、雨天の場合は対策が必要です。

車寄せに停車しているウィルゴ

車寄せから東京駅方面を望む

ホールA広場側入口

【地下駐車場】

荒天の場合や、利用される車輌を駐車してコンサートに行かれる場合は、地下駐車場からホールAまでの移動となります。ただ、地下駐車場からホールAまでは、地下3階駐車場から地下1階へ、地下1階から地上階へと、エレベーターに2回乗る必要があります。地下1階にはホールAへの階段・エスカレーターしかありません。

地下駐車場に車いす用スペースがあります

エレベーターで地下1階へ

地下1階エレベーター乗場

エレベータを降りて通路を左へ進みます

東京駅方面へ右に

続いて、東京駅方面へ左に

階段左脇に細い通路が

奥にある小さなエレベーターで地上階へ

地上階に到着

右に進んでホールA入口に到着

バリアフリーだと云われながらも、実際のところ、不便な動線であることは否めません。地下1階から地上階へのエレベーターは、車いす1台分のスペースしかなく、リクライニング車いすや、大型電動車いすでの利用は、サイズ次第では困難な場合もありそうです。オープンから20数年経った施設が故に、今の時代には対応しきれていない感があります。

【ホールA正面入口前】

ホールA正面入口は、大名小路に面しています。ただ、この道路側には車寄せがなく、正面入口目の前は、歩道を挟んでバス停です。しかも、車道と歩道の間には植栽があり、段差もあり、車道から歩道への車いす移動は困難ですし、安全上、全くお薦めできません。

どんな施設でも、いろいろな課題があるなかで、ウィルゴは事前リサーチなどにより、ご利用者みなさまにとっていちばん安全かつ適した動線を確認し、ストレスなく公演を楽しんでいたけるようサポートさせてもらいます。

ちなみに、昨日1月10日の公演は、沢田研二さんでした!