車いすでのお出かけをお手伝いする予約制タクシー・ウィルゴをご紹介します!
お知らせ
NewsNews

車いすスポーツ

パラリンピック東京2020開催が延期となりましたが、障害者スポーツ・車いすスポーツに関わる人々は、着実に増えています。東京都には、障害者総合スポーツセンター(北区王子)と、多摩障害者スポーツセンター(国立市)の2ヶ所に様々な障害者スポーツに対応した施設を運営しています。

一般社団法人センターポールでは、このたび、「障がいの有無を問わず楽しめる、車いすスポーツ定期運動クラス」を開設したそうです。7月7日のプレスリリースには、以下のように、開設意図を説明されています。

”プログラムは、初めて競技用の車いすに乗る人、スポーツの経験が浅い人、苦手意識がある人も楽しく行える内容を織り交ぜ、車いすバスケットボールや車いすラグビーなどの認知度が高いパラスポーツだけではなく、今後はマットの上で体を動かすブラジリアン柔術や車いすソフトボール、スポーツ以外の文化活動も計画しています。”

©Copyright2020 CENTERPOLE.All Rights Reserved.

障害者スポーツや、車いすスポーツを楽しんでおられる方々は、積極的に施設やイベントに参加し、移動すること自体も、それほど苦にされていないようですが、これから始めてみよう…とか、興味があるけど…といった方々にとっては、会場までの移動に不安を持たれる方も多いのではないでしょうか。

一般社団法人センターポールでは、競技用車いすの貸し出しも行っていますので、普段お使いの車いすで会場に出かけることができれば、気軽に車いすスポーツを楽しむことができます。7月・8月に予定されているクラス会場となる東京都江東区内の施設へは、ご自宅からでも、最寄り駅からでも、ウィルゴを利用して参加されてみてはいかがですか? クラスを楽しんで、ほどよい疲労感に包まれたとき、ゆったり安心して、ご自宅までウィルゴがお送りします!