車いすでのお出かけをお手伝いする予約制タクシー・ウィルゴをご紹介します!
お知らせ
NewsNews

マイクロツーリズム・甲州編

都道府県境をまたぐ移動自粛要請が、予定とおり、6月19日に解除となりました。東京都近隣の観光施設では、しっかりした新型コロナウィルス感染防止対策を施した来訪客受け入れ準備に余念がありません。また、数ヶ月の自粛生活を過ごされてきた方々も、近隣への小旅行(マイクロツーリズム)、更に少し足を伸ばした近県への小旅行を検討されていることでしょう。

甲州各地では、6月下旬から桃狩りの季節となります。数ある観光農園のなかには、バリアフリー対応が充実している農園があります。入園者数制限などの対策をとっている農園での屋外散策は、3密の心配もなく、自然の恵みを満喫できる場所でもありますので、幾つかご紹介します。

バリアフリー観光農園 浅間園
広瀬園

どちらの農園も、うえの画像をクリックするとホームページへ移動し、営業状況詳細を確認することができます。車いすでの園内移動に何ら支障なく、一部の果実は車いすに座ったままでも手の届く高さに実っていることもあるそうなので、ご家族・ご友人と果物狩りを楽しむことができます。また、車いす対応洗面所も完備されていますので、採れたての果物をお腹いっぱい満喫しても大丈夫!

このような観光農園での時間は、東京からは日帰りでも、十分楽しめます。が、やはり、バリアフリー対応宿泊施設のある石和温泉で、観光農園での余韻を、そして、豊かな温泉を楽しむと、それもまた格別でしょう。前回の「マイクロツーリズム・青梅編」でご紹介した「かんぽの宿」が石和温泉にもあります。

かんぽの宿 石和
©かんぽの宿

「かんぽの宿 青梅」同様に、部屋の入口は、車いすに優しい引き戸タイプ、リモコンで高さを調節できる電動ベット、天井に設けた走行リフトを使って、ベットから客室内にある浴室・トイレまで移動することができるなどの設備が常設されています。また、バリアフリー対応の露天風呂付き貸切風呂(要予約)も利用できます。

©かんぽの宿

これから、桃の季節から秋の実りの季節へと、小旅行を楽しむことができる機会が拡がっていきます。東京から、ゆったりと、リラックスして移動できるウィルゴで、芳しい果物や温泉を楽しむ小旅行を計画されてはどうでしょうか。